LIFE IS A TRIP! ~カナダワーホリ経由、サンティアゴ巡礼行き~

2017年秋、スペイン・サンティアゴ巡礼900km完歩!動画は→https://youtu.be/luRrk8gVzeg NZワーホリ、ネパール・ミャンマーの旅、カナダワーホリ、からのサンティアゴ巡礼。ハイキング、音楽やサブカル、そして穏やかでイキイキしてる人が大好き。

旨い飯を食えれば、ハッピー!

こんにちは、ポンです!

 

※今回は、飯テロ注意!な内容。

食べる事が好きだ。1日3食旨い飯を食えれば、だいたいハッピー!

 

今まで行った国で旨かった飯の写真をば。

 

ネパール料理
f:id:sailingday0111:20180217205323j:image

1番好きなモモ!見た目も味も餃子に似てる。違いは、醤油じゃなくてつけダレで食べるのと、その安さ。10個で100円~150円!しかも、どこのレストランで食べてもハズレなし。元々は、チベット料理だったらしい。モモ、また食いたい。。。

 

f:id:sailingday0111:20180217205544j:image

小籠包スタイルのモモ。餃子スタイルか小籠包スタイルか、中身の餡が鳥か豚かベジ(野菜)か、味付けやタレも変わるので、レストランの数だけそのスタイルや味も違う感じがする。ネパール料理の懐の深さを感じた。

 

f:id:sailingday0111:20180217205333j:image
チャーハン。これも100円とか。海外旅行中に米を食えるだけでも嬉しいのに、それが美味しいとくるから、本当に本当にネパール好き。


f:id:sailingday0111:20180217205417j:image
サモサ、などのインド風料理。ネパールは、モモやチャーハンなどの中華とサモサやラッシーなどのインド、両方のスタイルを味わえる。

 
f:id:sailingday0111:20180217205426j:image
トゥクパ。塩ベースなあっさりした味付けの麺料理。旅行中に不足しがちな野菜をがっつり食べれるのがとても嬉しい。

 
f:id:sailingday0111:20180217205508j:image
ダルバート。ネパールの伝統的な定食。ダルとは、ネパール語で「豆」。写真右側のスープは、豆のスープ。ご飯と野菜やカレーの付け合わせと豆スープがついた定食。米とスープはおかわり自由な事が多くお腹一杯になる。だから、エベレスト街道トレッキングの時は、毎日朝も夜もこれを食べてた。お金の節約にもなるし。したら、ネパールの地元民から、「朝もダルバート食べるのか!?」と驚かれた。

 
f:id:sailingday0111:20180217205624j:image
揚げ春巻き。

 

ミャンマー料理
f:id:sailingday0111:20180217211905j:image

ミャンマーの飯で印象的なのは、活気あふれる露天。ナイトマーケットや出店をどこの街でも見かけた。祭りみたいで、テンションあがる!夜遅くても、家族や友人と食べに行くようだ。日本も、こういうのもっとあればいいのにな。羨ましい。


f:id:sailingday0111:20180217205706j:image 

肉、魚、野菜などの串を油で揚げて、つけダレで食べる。

 
f:id:sailingday0111:20180217205711j:image
野菜てんこ盛り!な屋台での定食。

 
f:id:sailingday0111:20180217205743j:image
油麺みたいなの。これで60円!ネパールといいミャンマーといい、美味しい麺料理に出会えると、やっぱり同じアジアだなぁと親近感を覚える。

 

スペイン料理
f:id:sailingday0111:20180217205452j:image

スペイン旅行中1番旨かったトルティーヤ!スペイン風のオムレツ。プレーンなのは、卵、じゃがいも、玉ねぎとシンプルな具材でも物凄く美味しいのに、写真のこれは野菜やカニかま?っぽいのも入っていて、豪華でクリーミーな味。トルティーヤ好き過ぎて、バル(スペイン語でバーのこと)に入る度に食べていた。実は、スペイン人が考える代表的なスペイン料理といえば、パエリヤではなくこのトルティーヤ

 
f:id:sailingday0111:20180217205834j:image
タパス。バルにはだいたいある、肉、魚介類、野菜、チーズ等を使った一口料理。ビールとの相性は抜群!盛り付けきれい。

 
f:id:sailingday0111:20180217205850j:image
バルサミコ酢をかけたサラダ。バルサミコ酢という日本ではあまり馴染みないものをドレッシングに使っているが、その絶妙な酸味と旨味が野菜の味を引き立ててる。

  
f:id:sailingday0111:20180217205903j:image
魚介のダシがたっぷり染みてたパエリヤ!スペイン料理といえば、パエリヤ。と考えるのは日本人や東アジア人だけのようだ。実際には、スペイン国内ではお米が取れるバレンシア地方でしか食べれない。東アジア人が多いサンティアゴ巡礼路では、観光客向けのレストランで食べれる。しかし、地元客が集まるレストランでは、あまり食べれない事が多い。

  

 

 

以上、美味しかった海外飯。唐突だけど、ここで食べ物の好き嫌いを思い付くままに書いてく。

 

好きなもの

いなり寿司、そば、チャーハン、ラーメン、麻婆豆腐、鶏肉とカシューナッツ炒め、パッタイ、タイカレー、ガパオライス、フォー、バインセヨ、ブリトー、鯖の味噌煮、鰤の照り焼き、鰆の西京焼き、たくわん、豚汁、なす、レタス、(火の通った)たまねぎ、カレーライス、舞茸、椎茸、卵かけご飯、お好み焼き。

 

嫌いな食べ物

納豆、生のたまねぎとネギ、梅干し、パクチー

 

でも、何だかんだで、

一番好きな食べ物は、鶏の唐揚げwith白飯!

 

 

 

最初にも言ったけど、3食美味しいご飯を頂ければ、幸せ。食べ物を食べて幸せを感じれるのは、いい事だと思う。

だって、人は生きてるうちに何回ご飯を食うと思う?

単純に計算して、1日3食×365日×80年=

87,600回!

今、俺は33才であと4~50年生きるとして、

50,000回くらいは飯を食う計算になる。

毎回毎回旨い飯を食って幸せならば、それだけで得してるというか充実した人生になると思う。だから、

1日3食ちゃんとした食事をするのは、大切だ。