LIFE IS A TRIP! ~Tour de JaPON 「自転車日本一周の旅」~

2018年夏、自転車日本一周の旅へ。自転車歴2ヶ月33才♂が奮闘。2017年秋、スペイン・サンティアゴ巡礼900km完歩。動画は→https://youtu.be/luRrk8gVzeg 好きな国は、ネパール、ミャンマー、スペイン、カナダ。山登り、音楽やサブカル、そして穏やかでイキイキしてる人が大好き。

ブラジル人の優しさに触れて

こんにちは、ポンです!

 

なんだかんだで、愛知県に一週間も滞在中。では、プレイバック。

 

豊橋
f:id:sailingday0111:20180731184620j:image

路面電車。街の中に路面電車があると、懐かしく感じる。路面電車のある街に住んだことはないのに、何故だろう?f:id:sailingday0111:20180731184705j:image

スーパーのインスタント麺売り場にて。さすが愛知、というラインナップ。

f:id:sailingday0111:20180731184735j:image

豊橋は、カレーうどんが名物。ここ10年くらいの間に売り出してきたようで。f:id:sailingday0111:20180731184817j:image

美味!

f:id:sailingday0111:20180731184906j:image

ブラジル人の友達・ロベルト。彼とはひょんな事からここ豊橋でつい一週間前に知り合った。台風が東海地方を直撃という危機的な状況で、泊まる場所に困っている俺を快く迎えてくれた。初対面にもかかわらず、とても親切にしてくれた。居心地が良くて、結局3泊もお世話になってしまった。

f:id:sailingday0111:20180731223147j:image

ロベルトは、トライアスロンをやるスポーツマン。かっこいい。
f:id:sailingday0111:20180731185049j:image

料理をご馳走になる。サラダ。
f:id:sailingday0111:20180731184928j:image

ビーフ。旨い! 

f:id:sailingday0111:20180731185014j:image

ブラジルの伝統料理。ビーフ、豆、ライス、黄色いのは名前忘れた。美味しい!f:id:sailingday0111:20180731185135j:image

ヴァネッサお手製のバナナケーキ。これも美味しい。

f:id:sailingday0111:20180731185252j:image

ルームメイトのジョンと。f:id:sailingday0111:20180731185323j:image

翌日は、浜名湖でロベルトの友達たちとツーリング。車に自転車を積んで向かう。

f:id:sailingday0111:20180731185359j:image

浜名湖は、一周50kmでアップダウンも多くなく初心者向けな感じ。静かで落ち着いた雰囲気。

f:id:sailingday0111:20180731185516j:image

ロベルトの友達たちと。みんな、ブラジル人。気さくで良い人たち。

f:id:sailingday0111:20180731185611j:image

f:id:sailingday0111:20180731185525j:image

f:id:sailingday0111:20180731185548j:image

f:id:sailingday0111:20180731185620j:image

ロベルト、楽しかったよ。ありがとう。

 

碧南
f:id:sailingday0111:20180731185645j:image

そのロベルトの友達、マリさんとその大家さんと。マリさんも、サイクリスト。愛知は、自転車やトライアスロンをやる人が多いのかな?

f:id:sailingday0111:20180731225709j:image

マリさんの家に泊めて頂いたお礼に、親子丼をつくる。いつもの如く。なかなか美味しくできた。麺つゆ最強!

愛知県は、ブラジル、ベトナム、中国、台湾などの外国人が多い。それは、車関係の仕事が多く、仕事が見つけやすいかららしい。

 

 

 

彼らの優しさにびっくりした。

初対面にもかかわらず、二人とも俺に3泊するのを許してくれた。更に、二人とも仕事で家を留守の間、俺に家の合鍵をくれて好きにしていいと言う。家にある食べ物も食べていいよと。極めつけは、マリさん。冷房が効いてる涼しい部屋は彼女の部屋だけだから、一緒の部屋で寝ていいよ、と言う。いやいや、おれ男ですけど!?いいんですか?と訊いたら、わたし気にしない、と答える。。

 

気になっていた疑問をロベルトに訊いた。「何で俺を家に泊めてくれたの?俺、初対面なのに、不安はなかった?」

彼は言う。

「台風で困るだろうから、助けたかった。」

 

何なんだ、この優しさと寛大さは?見ず知らずの違う国籍の人間を、快く泊めさせてあげ合鍵まで渡す日本人が、現在の日本にいったい何人いるだろうか。やはり、国民性の違いなのだろうか?そもそも、親切や優しさって何だろうか?旅をすると、色んな事を考えさせられる。だから、旅は面白い。

 

今、一つ言いたいことは。

ロベルト、マリさん、ブラジルのみんな、ありがとう。

Muito obrigado, amigos! tchau.