LIFE IS A TRIP! ~Tour de JaPON 「自転車日本一周の旅」~

2018年夏、自転車日本一周の旅へ。自転車歴2ヶ月33才♂が奮闘。2017年秋、スペイン・サンティアゴ巡礼900km完歩。動画は→https://youtu.be/luRrk8gVzeg 好きな国は、ネパール、ミャンマー、スペイン、カナダ。山登り、音楽やサブカル、そして穏やかでイキイキしてる人が大好き。

サンティアゴ巡礼にかけた費用と日数、教えます!

こんにちは、ポンです!

 

気づけば、今年もあとわずか。年が変わる前に、サンティアゴ巡礼の振り返りなどしようかなと思います。

 

サンティアゴ巡礼は何日で歩ける?

これは、巡礼を計画してる人だれもが思う疑問だと思います。僕の場合は、

フランス人の道 2017年9月~10月

サンジャンピエドポー→サンティアゴ→ムシア→フィステーラ

900km、40日

かかりました。1日平均22.5km。体調管理をしっかりしていたら、もっと日数を短縮できたでしょう。というのも、風邪をひいて1日完全休養しました。更に、足首を痛めてまた1日休養。あとは、体調は良くても道草くって、5kmしか歩かない日もありました(笑)その逆に、40km爆走した日もありました。

ちなみに、サンジャン~サンティアゴ

35日

で歩いてます。一つ言える事は、

日程に余裕を持たせた方がいい。

という事。用心していても、病気や怪我という不測の事態は起こり得ます。気分が乗らない日や悪天候の日もあるでしょう。そんな時に、予備日があると安心ですね。自分は、日程を詰めすぎてせかせか歩くのは苦手。なので、ゆったり自分のペースで歩いてました。心にゆとりがあると、目にする風景や出会う人々とじっくり向き合えると、僕は思います。そういった意味でも、日程に余裕をもたせる事をオススメします。時間的に厳しい人は、仕方ないですが。

ちなみに、自分の巡礼をまとめたビデオを作りました。

サンティアゴ巡礼の動画を作りました!↓


Life is a trip! -Camino de Santiago-

興味ある人は、見てみて下さい!

 

サンティアゴ巡礼て、お金いくら必要?

この疑問も、皆さん当然あるでしょう。という訳で自分の場合はというと、

 

40日歩いて

€975  (約12,6000円)

(2017年秋、€1=¥130)

 

使いました。1日平均€24 (¥3,100)。安っ!日本なんて、安いゲストハウスのドミトリー(要は、相部屋の素泊まり)でも、¥3,000くらいするのに。サンティアゴ巡礼は、巡礼者を手厚くサポートしてくれます。

 

使ったお金の内訳は、

 

飲食 €546 (¥71,000)
宿  €368 (¥47.840)
薬  €28 (¥3,700)
雑費 €33 (¥4,300)

 

という具合。

僕の旅のスタイルは、贅沢か節約かと聞かれれば、節約寄りだと思う。宿はホテルではなく、全てアルベルゲ泊。ムニシパル(公営)のアルベルゲが良さそうなら、ムニシパル泊(プライベート(私営)アルベルゲは設備が充実してる分、割高)。バゲットとハムやチーズでサンドイッチの朝食や昼食作ったり。キッチンがあるアルベルゲでは基本自炊。お酒もあんま飲まない(バルでビール1、2杯程度、ワインは好きじゃない)。

 

ちなみに、

Donativo(ドナティーボ)のアルベルゲが安くてオススメです!

ドナティーボとは、スペイン語で「寄付」の意味。寄付、なのでいくら払うかは巡礼者自身が決められます。完全にあなた次第です!これはビンボーな旅行者にとってはとても有難い!ただ、お金がないからといって、全く払わないのはダメですよ。マーナー違反です。ドナティーボのアルベルゲは、その運営・維持費を巡礼者からの寄付で賄ってます。なので、必ず払いましょうね。

そして、ドナティーボのアルベルゲは、面白い場所が多いです。

以下、ドナティーボのアルベルゲの写真。

 

f:id:sailingday0111:20180323220813j:image

教会を再利用した、サン・アントン。巡礼を通して、ベストなアルベルゲ!


f:id:sailingday0111:20180323220842j:image

ネパールのプレイヤーズフラッグあったり、ナイスな、雰囲気


f:id:sailingday0111:20180323220900j:image

f:id:sailingday0111:20180323220914j:image
皆でディナー


f:id:sailingday0111:20180323220936j:image
 食後に、リフレクションで一人一人感謝や言いたい事を話す

 
f:id:sailingday0111:20180323221015j:image
素敵なホスピタリーノ

 
f:id:sailingday0111:20180323221029j:image
もう1つのベストアルベルゲ

 
f:id:sailingday0111:20180323221148j:image
こちらは、よりスピリチュアルな雰囲気

 
f:id:sailingday0111:20180323221203j:image
そして、自由やヒッピーな感じ

 
f:id:sailingday0111:20180323221247j:image

「いまを生きる」 

僕も感化されて、描いてみた


f:id:sailingday0111:20180323221225j:image
瞑想中

 
f:id:sailingday0111:20180323221305j:image
ユル~くてまったり


f:id:sailingday0111:20180323221333j:image

青春! 

 
f:id:sailingday0111:20180323221349j:image
黄昏

 

 

 

というのも、有志のボランティアによって運営されている所が多いです。ボランティアたちは自身も巡礼を経験した人が多く、素敵な人ばかりです。ドナティーボのアルベルゲ自体はあまり数が多くないですが、もし見つけたら是非泊まってみて下さい。

 

 

さて、ここで僕のサンティアゴ巡礼のハイキング写真をば!

 
f:id:sailingday0111:20180323222019j:image

全荷物 


f:id:sailingday0111:20180323223835j:image


f:id:sailingday0111:20180323222041j:image
親切でチャーミングなホスピタリーノ

f:id:sailingday0111:20180323222232j:image
バスク地方

 
f:id:sailingday0111:20180323222310j:image
チョリソーとバケットのビンチョス。うまうま

 
f:id:sailingday0111:20180323222317j:image
トルティーヤ(スペイン風オムレツ)。ムイ デリシオ!

f:id:sailingday0111:20180323221431j:image
広大な大地を往く

 
f:id:sailingday0111:20180323222743j:image

魚介をスーパーで買って、自炊 

 
f:id:sailingday0111:20180323222754j:image
中々の出来

 
f:id:sailingday0111:20180323222900j:image
フレンドリーなアメリカ人夫婦


f:id:sailingday0111:20180323222917j:image

ウルトレイア

もっと遠くへ


f:id:sailingday0111:20180323222421j:image

ひたすら歩く 


f:id:sailingday0111:20180323223232j:image

 
f:id:sailingday0111:20180323223019j:image
ベビーカーで巡礼してる家族も 


f:id:sailingday0111:20180323223342j:image

 ファッキン南京虫


f:id:sailingday0111:20180323223354j:image

 クッッッソ痒い!絶滅しやがれ


f:id:sailingday0111:20180323223037j:image

フレンドリーで思いやりのあるカナディアンカップル 


f:id:sailingday0111:20180323223252j:image

魚介の出汁が染みまくってるパエリヤ。ムイ リコ! 

 
f:id:sailingday0111:20180323223110j:image
まるまるなにゃんこ スペインでは、猫を見かける事が多く、癒される

 
f:id:sailingday0111:20180323223143j:image

 歩き疲れてzzz

 


f:id:sailingday0111:20180723190614j:image

 

サンティアゴデコンポステーラにて

 
f:id:sailingday0111:20180323223215j:image

 

f:id:sailingday0111:20180323223820j:image

The end of the worldと言われるフィステーラ

ここで俺の巡礼は終わり

感極まって涙する


f:id:sailingday0111:20180323223528j:image
0マイルポスト

900km40日間の旅が終わった

f:id:sailingday0111:20180323223721j:image
穴が空いた靴下

 
f:id:sailingday0111:20180323223123j:image
クレデンシャル(巡礼手帳)もボロボロ

 

 

以上です。旅やハイキングのスタイルは、人それぞれ。この記事が、これからサンティアゴ巡礼をしようと思ってる人にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

では、

ブエンカミーノ!