LIFE IS A TRIP! ~カナダワーホリ経由、サンティアゴ巡礼行き~

2017年秋、スペイン・サンティアゴ巡礼900km完歩!動画は→https://youtu.be/luRrk8gVzeg。NZワーホリ、ネパール・ミャンマーの旅、カナダワーホリ、からのサンティアゴ巡礼。ハイキング、音楽やサブカル、そして穏やかでイキイキしてる人が大好き。

"いま生きているという冒険"

こんにちは、ポンです!

 

今回と次回、二回に分けて話したい事は、尊敬する写真家

石川直樹さん
f:id:sailingday0111:20180119141211j:image

写真家・冒険家。

世界七大陸最高峰登頂の最年少記録(当時)を達成、熱気球での太平洋横断の挑戦、ミクロネシアの伝統的な航海術による筏での冒険などを成し遂げてきた。

彼の事を初めて耳にしたのは、カナダのネルソンでだった。そこで仲良くなった日本人の山屋・スキーヤーの男の子から、お勧めしてもらった。なんでも彼は、この石川直樹さんの著書『いま生きているという冒険』
f:id:sailingday0111:20180119143835j:image

を読んで、北米最高峰のデナリ(マッキンリー6,196m)に登ろうと決心したらしい。

この本に掲載されているデナリでの写真がこちら。
f:id:sailingday0111:20180119144003j:image

見渡す限り、真っ白な稜線が続く。彼がこの本のどこに触発されてデナリ登頂を決めたかわからないが、こんな写真を見せられたらデナリに登りたくなる彼の気持ちもわかる。

 

彼の成し遂げてきた功績にも敬意を払うのはもちろん、

俺が彼に惹かれるのは冒険家としてのその姿勢・感性だ。

以下、彼がエベレストに登頂した時の様子から抜粋。

単独で登山をしているときはもちろん、たとえチームで登っていたとしても、基本的には自分の身体をコントロールしているのは自分です。次に踏み出す足の置き方を間違えたら、危険にさらされてしまうような場所がいくつも出てきますが、ぼくはそういう所にいるときになぜか心の底から幸せを感じるのです。「何だかすごい場所にいる。」という気持ちが湧き上がってきて、自分が"生きている"と感じるのです。その瞬間、嬉しくなり、気持ちよくなります。

 

下手すると、自殺志願者のようにも聞こえるかもしれないけど(笑)彼の言ってる事が少しわかる。何故なら、俺にも似たような経験があるから。(規模は比べようもないほどちゃっちいけど。)

それは、数年前に南アルプスに登りに行った時の事だ。甲斐駒ヶ岳という3,000m弱の山を一人で登っていた。そうしたら、もう少しで頂上という地点で、道が2つに別れていた。1つは直登ルート、もう1つは巻き道ルート。直登は距離が短いが、最短コースでいく為に急傾斜で所々にプチ・ロッククライミングのような難しい箇所がある。巻き道は、遠回りだが傾斜はきつくなく難所も少ない安全ルートだ。途中で出会った登山者のオッサンに

「どっち行ったらいいっすかねー?」

て聞いたら、

「直登でしょ。お兄さんは若いから大丈夫。俺も若い頃はそっちから登ったし。」

と教えてくれた。なので、俺は直登ルートを選んだ。始めは大した事はなかった。足取りは順調。しかし、先に進んでゆくと道はどんどん険しくなり、ついには大きな岩が行く手を阻んだ。

f:id:sailingday0111:20180119151929j:image

俺は「ここを登るんか。。」と躊躇した。が、おじさんもああ言ってたし、歩を進めて大っきな岩に取りついた。まるで巨大な岩のジャングルジムだな、と思いながら岩をよじ登る。が、岩場の中間くらいで詰まってしまった。登ろうとも、自分の上にある次の岩のとっかかりまで手が届かない。かといって下る事もできない。下にある岩のステップまで足が届かないのだ。下の足場まで2~3mといったところか。つまり、立ち往生。前進も後退もできない。「これはまずいぞ。。。」と思った。ずっとそうしている訳にもいかない。自分の体重を支えてる腕と足が限界を迎え、滑落するだろう。思い切って、下の足場まで飛び降りようか?足の捻挫で済めばいいが、バランスを崩して頭を打ったりでもしたら最悪死ぬこともあり得る。

どのくらいの時間がたったろうか。実際は30秒や1分そこらだったかもしれないが、俺にはとても長い停滞に感じられた。そして、意を決して上に登る事に決めた。腕を目一杯伸ばした。その手は、岩のとっかかりを捕らえた。なんとか危機を脱したのだ。

そうして、甲斐駒ヶ岳の頂上に立てた。しかし、俺はひどく疲れていた。肉体的にも精神的にも。その時に実感したのは、人間は窮地に立たされるととてつもない集中力を発揮する。火事場の馬鹿力、てやつだ。が、その後の反動でひどく疲れてしまう。まるで、幽白の飛影が黒龍波を喰った後に冬眠に入るように。(違うか笑)それと同時に、自分が生きている、という事を強く実感した。命を燃やしている、と。

以上の経験から、石川直樹さんが言った事が理解できる。

 

また、この本のタイトルもいい。"いま生きているという冒険"。過去でもなく、未来でもなく、いまこの瞬間、を生きる。というような想いを、俺はこのタイトルから感じた。

 

今回はここまで。次回に続く。

"slow flow"

こんにちは、ポンです!

 

今日は、自分の一番好きなミュージシャン・Caravanの話。


f:id:sailingday0111:20180108180133j:image

 

「歪んだ世界もトビ方次第だよ

さあもう一度その右手に気分屋のピースサイン

地平線の向こう 静かに昇りゆくのはそう

潤んだ瞳に映し出す太陽

さあもう一度闇を照らせ 気分はもういいかい?

地平線の向こう それでも行けると信じよう.....slow flow」

 

Caravan / slow flow

https://youtu.be/efsAxHlsdSg

 

むかしむかーし、付き合っていた彼女が、この曲を好きだと言っていた。当時の俺はこの曲の良さがわからず、「あ、そうなんだ。。」みたいな感じだった。彼女がこの曲のどこに惹かれたのか、今では知る由もない。

でも、今では俺はこの曲が大好きだ。サンティアゴ巡礼中、一番聴いていた曲。「Away, away, away, away, so far way」という部分を繰り返し聴いていると、歩く事だけに集中できるような気がした。もっと遠くへ、と。

 

好みは年を重ねると変わる、不思議なものだ。Caravanは10年以上前から好きだったが、一時期飽きて全く聞かなくなった。それが、2、3年前からまた聞くようになった。長年働いてたCD屋を辞めてから年々音楽への興味は薄れていったが、今では一番好きで自分がファンと言えるのは全ミュージシャンの中でCaravanだけだ。それは、旅やバックパックに出るようになったのが原因だ。旅をするようになって、初めて彼が歌っていたフィーリングや心情が理解できた。そして、それに深く共感し憧れた。

好みは変わる。例えば、好きな音楽、食べ物、趣味、服、AV女優(笑)などなど。変化する、ということは生きている、て事なのかなぁ。

 

「歪んだ世界もトビ方次第だよ」

 

何事も自分の気の持ちようで、天国にも地獄にもなる。

 

心の断捨離

こんにちは、ポンです!

 

もう年末。新年を迎える為には、大掃除。それに関連して、断捨離の話。といっても物理的な部屋の掃除、とかではなく精神的な話。

 

シンプルに生きよう。

 

生きていると、自分に必要のない情報や人に出くわす。大都市に住んでいると、なおさら。物や人で溢れかえっている。でも、その全部が自分にとって必要なものなのだろうか?そうは思わない。むしろ、大半は不必要なものばかりだ。そんな不必要なものに囚われると、息が詰まる。何が本当に大切なものかが見えづらくなる。まるで、キャッシュや不要なデータが溜まって動きが遅くなったPCやスマホの様に。

自分が本当に大切にしたいものや人に囲まれて生きていきたい。こう思うきっかけになったのは、カナダ・ネルソンでの生活だった。人口1万人程の小さな街で、都市に比べれば店の選択肢が少ないとか色々不便がある。だけど、美しい自然と魅力的な人々に囲まれた愛すべき場所だった。

その考えは、サンティアゴ巡礼を経験して更に強くなった。毎日、朝早く起きて、食べて、歩いて、宿着いて、洗濯して、飯作って食べて、寝て。巡礼中、1日6~8時間歩く。そうすると、歩いてる時に色んな事を考える。考え事ばかりしてると、だんだん思考がシンプルになった感じがした。その感覚が好きだった。

それに気づいてから、不要なものは切り捨てて身軽になろうと決めた。無闇に増えていくSNSでのつながり、馬が会わない人との無駄な会話、そんなの俺には要らない。

 

ネルソンで出会った友人から、いい言葉をもらった。

 

【 下 載 清 風 】 (かさいのせいふう)


積み荷を降ろして軽くなった船が、

清風にのって軽やかに航海する、という言葉です。


両手に一杯、
肩から下げた荷物も背中に背負った荷物も、

全部降ろした気持ちよさ。


飛ぶように歩けるその時の気持ちは、

誰でも経験したことがあるでしょう。


この禅語はそのことを教えてくれています。 


そう、降ろすのは心の荷物。


心の中の迷いやこだわり、

嫉妬心や心配や執着心も、

ぜ~んぶ港に降ろしてしまったら

どんなに気持ちがいいものかと。


もう余計なものは積まないようにしよう。

いつの間に心にあんなに荷物をしょいこんでしまったんだろう。

こんど荷物に出会ったら、目をつむらずに向き合って断ろう。

二つに一つの選択を迫られたら、二つとも捨ててしまおう。

 
この船以外に生きていくのに必要なものなどないはずだ。

そう、船が健やかなら、人生は自然の清風が運んでくれるはず。

 

降ろすのは、心の荷物。そうしたら、どこまででも行ける。

 

 

 

では、良いお年を。

 

カミーノにかけた日数と費用、教えます!

こんにちは、ポンです!

 

気づけば、今年もあとわずか。年が変わる前に、サンティアゴ巡礼の振り返りなどしようかなと思います。

 

 

 

サンティアゴ巡礼は何日で歩ける?

これは、巡礼を計画してる人だれもが思う疑問だと思います。僕の場合は、

フランス人の道

サンジャンピエドポー→サンティアゴ→ムシア→フィステーラ

900km、40日

かかりました。1日平均22.5km。体調管理をしっかりしていたら、もっと日数を短縮できたでしょう。というのも、風邪をひいて1日完全休養しました。更に、足首を痛めてまた1日休養。あとは、体調は良くても道草くって、5kmしか歩かない日もありました(笑)その逆に、40km爆走した日もありました。

ちなみに、サンジャン~サンティアゴ

35日

で歩いてます。一つ言える事は、

日程に余裕を持たせた方がいい。

という事。用心していても、病気や怪我という不測の事態は起こり得ます。気分が乗らない日や悪天候の日もあるでしょう。そんな時に、予備日があると安心ですね。自分は、日程を詰めすぎてせかせか歩くのは苦手。なので、ゆったり自分のペースで歩いてました。心にゆとりがあると、目にする風景や出会う人々とじっくり向き合えると、僕は思います。そういった意味でも、日程に余裕をもたせる事をオススメします。時間的に厳しい人は、仕方ないですが。

 

ちなみに、自分の巡礼をまとめたビデオを作りました。

僕の巡礼スタイルは、こんな感じ↓

https://youtu.be/luRrk8gVzeg

興味ある人は、見てみて下さい!

 

 

 

サンティアゴ巡礼て、お金いくら必要?

この疑問も、皆さん当然あるでしょう。という訳で自分の場合はというと、

 

40日歩いて

€975  (約12,6000円)

(2017年秋、€1=¥130)

 

使いました。1日平均€24 (¥3,100)。安っ!日本なんて、安いゲストハウスのドミトリー(要は、相部屋の素泊まり)でも、¥3,000くらいするのに。サンティアゴ巡礼は、巡礼者を手厚くサポートしてくれます。

 

使ったお金の内訳は、

 

飲食 €546 (¥71,000)
宿  €368 (¥47.840)
薬  €28 (¥3,700)
雑費 €33 (¥4,300)

 

という具合。

僕の旅のスタイルは、贅沢か節約かと聞かれれば、節約寄りだと思う。宿はホテルではなく、全てアルベルゲ泊。ムニシパル(公営)のアルベルゲが良さそうなら、ムニシパル泊(プライベート(私営)アルベルゲは設備が充実してる分、割高)。バゲットとハムやチーズでサンドイッチの朝食や昼食作ったり。キッチンがあるアルベルゲでは基本自炊。お酒もあんま飲まない(バルでビール1、2杯程度、ワインは好きじゃない)。

 

ちなみに、

Donativo(ドナティーボ)のアルベルゲが安くてオススメです!

ドナティーボとは、スペイン語で「寄付」の意味。寄付、なのでいくら払うかは巡礼者自身が決められます。完全にあなた次第です!これはビンボーな旅行者にとってはとても有難い!ただ、お金がないからといって、全く払わないのはダメですよ。マーナー違反です。ドナティーボのアルベルゲは、その運営・維持費を巡礼者からの寄付で賄ってます。なので、必ず払いましょうね。

そして、ドナティーボのアルベルゲは、面白い場所が多いです。

というのも、有志のボランティアによって運営されている所が多いです。ボランティアたちは自身も巡礼を経験した人が多く、素敵な人ばかりです。ドナティーボのアルベルゲ自体はあまり数が多くないですが、もし見つけたら是非泊まってみて下さい。

 

 

 

以上です。旅やハイキングのスタイルは、人それぞれ。この記事が、これからサンティアゴ巡礼をしようと思ってる人にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

では、

ブエンカミーノ!

 

 

サンティアゴ巡礼のムービー作りました!

タイトルのまんまです。カミーノの動画を作りました!よければ、見てみて下さい。
f:id:sailingday0111:20171201195600j:image

Life is a trip! -Camino de Santiago- - YouTube

https://youtu.be/luRrk8gVzeg

巡礼終了報告!そして更新してなくてごめんなさい。

ロッコからこんにちは、ポンです!

 

サンティアゴ巡礼終了しました!

900kmを40日で完歩。

サンジャン・ピエド・ポー ~ サンティアゴ ~ ムシア ~ フィステーラ
f:id:sailingday0111:20171103030738j:image

サンティアゴの大聖堂にて。 

 
f:id:sailingday0111:20171103031447j:image

 フィステーラの0マイルポスト 

 

 

 

そして、まっーたくこのブログを更新してこなかった。

どれ程の方がこのブログをご覧頂いてるかわかりませんが、すみませんでした!

 

2つ、言い訳をさせてもらうと。

 

1つは、このはてなブログのクソ仕様。

ノーパソ持ってなくてスマホからいつもあげてるんですが、なぜだか写真が全くUPできない!この記事のたった2枚の写真ですら、悪戦苦闘の末にようやくUPできたもの。いつも写真のUPが全くスムーズにいかないうちに、ブログの更新意欲を無くしました。。スマホからブログ更新て厳しいんですかね。。。

 

2つ目は、そもそもブログ更新する暇なんてありやしなかった!

早起きして、朝飯食べて、歩いて、昼飯食べて、また歩いて、目的地着いて、宿探して、シャワー浴びて、靴下だけでも(手洗いで)洗濯してそれを干して、昼寝したり巡礼者と喋ったり、夜飯食べて、早寝して、それで1日が終了。翌日次の村までまた同じ事を繰り返し。シンプルで非常に充実してた。ただ、ブログ更新する余力も時間もありませんでした。

世界一周旅行しながらブログを定期的に更新してる旅人の方はたくさんいますけど、純粋に尊敬します(笑)

 

 

 

さて、冒頭に言った通り、今はモロッコにいます。ジブラルタル海峡をフェリーで渡ってさっき着いたばかり。サンティアゴ巡礼が本当に充実していて、完全燃焼て感じ。その後スペイン内を少し観光したけど、どうにも消化試合感があったので、スペインは切り上げて人生初のアフリカ大陸へ。さて、ここではどんな人々、景色、体験が待っているかな。

 

 

 

最後に。

自分がしたサンティアゴ巡礼について、何かしらまとめるつもりです。落ち着いてから。その際は、このブログで報告します。

あと需要あるかわからないけど、一応巡礼の記録(毎日の歩行距離や費用など)もとってあるので。リクエストあれば公開します。

とか言って、また放置したりして(笑)

いやいや、やります!これは自分の為にもやる!!

 

さて、そんな感じで。では、また~。

ファッキン・フレンチピレネー越え!

サンティアゴ巡礼スタート!

今は実際、巡礼7日目。毎日やる事いっぱいあるし、はてなブログの仕様がくそ過ぎて写真がアップし辛いにも程があるんで、ブログ更新できなかった。今日は風邪をひいた事もあり、休養日。ようやく更新。これ、ブログ更新し続けられるかな。。。

 

では、

礼記はこちら。

 

Day1 歩行距離26㎞

06:30 start, 14:30 finish

f:id:sailingday0111:20170921160332j:plain

フランスの南西部サンジャンピエドポーに到着!ここからサンティアゴ巡礼はスタート。

 

f:id:sailingday0111:20170921165331j:plain

サンジャンの街並み

 

f:id:sailingday0111:20170921165949j:plain

あれ?17㎏?予想より重いな。。自炊する為に、米、パスタ、醤油、めんつゆなんか積めたからなー。だけど、捨てるのも忍びない。ので、4歳児相当の重さを背負って歩いてやんよ!

f:id:sailingday0111:20170921170816j:plain

翌日06:30に出発。遂に、サンティアゴ巡礼スタート!生憎の曇り空だけど、気分が高揚してるからか、曇り空すら美しいと思った。

f:id:sailingday0111:20170921171032j:plain

歩き始めてしばらくしたら、雲行きが怪しくなる。いや、やめて!

f:id:sailingday0111:20170921171048j:plain

ファッキン悪天候!あっという間に風雨が強くなる。遮る物が何もないから、体を容赦なく襲う。寒い、くそ程寒い!!!

 

f:id:sailingday0111:20170921173042j:plain

これが、1日目の行程。初日にして、巡礼最難関・フレンチピレネー山脈越え!高低差1,200m!て、丹沢の塔ノ岳より辛いんじゃ。。

 

f:id:sailingday0111:20170921173538j:plain

地面ぐちゃぐちゃ。

 

f:id:sailingday0111:20170921174359j:plain

登りが終わって、やっと下りだー!と思ったら、これが一番辛かった。。。膝はガタガタで、足元悪いから、ちっとも進まない。二時間も苦しめられた。

 

f:id:sailingday0111:20170921174851j:plain

ようやく宿に到着!初日でヘロヘロ。。ピレネーなめてたよ。。。ちなみに、写真の手前にいるカナダとアメリカ人のおばさん達と仲良くなり、しばしの間一緒に歩く。バナナを恵んでもらう&トレッキングポールを下りの間、借りる。助かった、ありがとう!

f:id:sailingday0111:20170921174522j:plain

夕飯にありつく。

 

f:id:sailingday0111:20170921175310j:plain

他の巡礼者と仲良くなる。良く笑った、いいディナーだった。