LIFE IS A TRIP! ~カナダワーホリ経由、サンティアゴ巡礼行き~

2017年秋、スペイン・サンティアゴ巡礼900km完歩!動画は→https://youtu.be/luRrk8gVzeg NZワーホリ、ネパール・ミャンマーの旅、カナダワーホリ、からのサンティアゴ巡礼。ハイキング、音楽やサブカル、そして穏やかでイキイキしてる人が大好き。

旨い飯を食えれば、ハッピー!

こんにちは、ポンです!

 

※今回は、飯テロ注意!な内容。

食べる事が好きだ。1日3食旨い飯を食えれば、だいたいハッピー!

 

今まで行った国で旨かった飯の写真をば。

 

ネパール料理
f:id:sailingday0111:20180217205323j:image

1番好きなモモ!見た目も味も餃子に似てる。違いは、醤油じゃなくてつけダレで食べるのと、その安さ。10個で100円~150円!しかも、どこのレストランで食べてもハズレなし。元々は、チベット料理だったらしい。モモ、また食いたい。。。

 

f:id:sailingday0111:20180217205544j:image

小籠包スタイルのモモ。餃子スタイルか小籠包スタイルか、中身の餡が鳥か豚かベジ(野菜)か、味付けやタレも変わるので、レストランの数だけそのスタイルや味も違う感じがする。ネパール料理の懐の深さを感じた。

 

f:id:sailingday0111:20180217205333j:image
チャーハン。これも100円とか。海外旅行中に米を食えるだけでも嬉しいのに、それが美味しいとくるから、本当に本当にネパール好き。


f:id:sailingday0111:20180217205417j:image
サモサ、などのインド風料理。ネパールは、モモやチャーハンなどの中華とサモサやラッシーなどのインド、両方のスタイルを味わえる。

 
f:id:sailingday0111:20180217205426j:image
トゥクパ。塩ベースなあっさりした味付けの麺料理。旅行中に不足しがちな野菜をがっつり食べれるのがとても嬉しい。

 
f:id:sailingday0111:20180217205508j:image
ダルバート。ネパールの伝統的な定食。ダルとは、ネパール語で「豆」。写真右側のスープは、豆のスープ。ご飯と野菜やカレーの付け合わせと豆スープがついた定食。米とスープはおかわり自由な事が多くお腹一杯になる。だから、エベレスト街道トレッキングの時は、毎日朝も夜もこれを食べてた。お金の節約にもなるし。したら、ネパールの地元民から、「朝もダルバート食べるのか!?」と驚かれた。

 
f:id:sailingday0111:20180217205624j:image
揚げ春巻き。

 

ミャンマー料理
f:id:sailingday0111:20180217211905j:image

ミャンマーの飯で印象的なのは、活気あふれる露天。ナイトマーケットや出店をどこの街でも見かけた。祭りみたいで、テンションあがる!夜遅くても、家族や友人と食べに行くようだ。日本も、こういうのもっとあればいいのにな。羨ましい。


f:id:sailingday0111:20180217205706j:image 

肉、魚、野菜などの串を油で揚げて、つけダレで食べる。

 
f:id:sailingday0111:20180217205711j:image
野菜てんこ盛り!な屋台での定食。

 
f:id:sailingday0111:20180217205743j:image
油麺みたいなの。これで60円!ネパールといいミャンマーといい、美味しい麺料理に出会えると、やっぱり同じアジアだなぁと親近感を覚える。

 

スペイン料理
f:id:sailingday0111:20180217205452j:image

スペイン旅行中1番旨かったトルティーヤ!スペイン風のオムレツ。プレーンなのは、卵、じゃがいも、玉ねぎとシンプルな具材でも物凄く美味しいのに、写真のこれは野菜やカニかま?っぽいのも入っていて、豪華でクリーミーな味。トルティーヤ好き過ぎて、バル(スペイン語でバーのこと)に入る度に食べていた。実は、スペイン人が考える代表的なスペイン料理といえば、パエリヤではなくこのトルティーヤ

 
f:id:sailingday0111:20180217205834j:image
タパス。バルにはだいたいある、肉、魚介類、野菜、チーズ等を使った一口料理。ビールとの相性は抜群!盛り付けきれい。

 
f:id:sailingday0111:20180217205850j:image
バルサミコ酢をかけたサラダ。バルサミコ酢という日本ではあまり馴染みないものをドレッシングに使っているが、その絶妙な酸味と旨味が野菜の味を引き立ててる。

  
f:id:sailingday0111:20180217205903j:image
魚介のダシがたっぷり染みてたパエリヤ!スペイン料理といえば、パエリヤ。と考えるのは日本人や東アジア人だけのようだ。実際には、スペイン国内ではお米が取れるバレンシア地方でしか食べれない。東アジア人が多いサンティアゴ巡礼路では、観光客向けのレストランで食べれる。しかし、地元客が集まるレストランでは、あまり食べれない事が多い。

  

 

 

以上、美味しかった海外飯。唐突だけど、ここで食べ物の好き嫌いを思い付くままに書いてく。

 

好きなもの

いなり寿司、そば、チャーハン、ラーメン、麻婆豆腐、鶏肉とカシューナッツ炒め、パッタイ、タイカレー、ガパオライス、フォー、バインセヨ、ブリトー、鯖の味噌煮、鰤の照り焼き、鰆の西京焼き、たくわん、豚汁、なす、レタス、(火の通った)たまねぎ、カレーライス、舞茸、椎茸、卵かけご飯、お好み焼き。

 

嫌いな食べ物

納豆、生のたまねぎとネギ、梅干し、パクチー

 

でも、何だかんだで、

一番好きな食べ物は、鶏の唐揚げwith白飯!

 

 

 

最初にも言ったけど、3食美味しいご飯を頂ければ、幸せ。食べ物を食べて幸せを感じれるのは、いい事だと思う。

だって、人は生きてるうちに何回ご飯を食うと思う?

単純に計算して、1日3食×365日×80年=

87,600回!

今、俺は33才であと4~50年生きるとして、

50,000回くらいは飯を食う計算になる。

毎回毎回旨い飯を食って幸せならば、それだけで得してるというか充実した人生になると思う。だから、

1日3食ちゃんとした食事をするのは、大切だ。

旅、とは心の放浪

こんにちは、ポンです!

 

前に話してた石川直樹さんの続き。

 

前回の話はこちら→"いま生きているという冒険" - LIFE IS A TRIP! ~カナダワーホリ経由、サンティアゴ巡礼行き~

 

その前に、少し自分の話を。

今まで俺は、ニュージーランド、ネパール、ミャンマー、カナダ、フランス、スペイン、モロッコを旅してきた。

 

ネパール、エベレスト街道トレッキング。
f:id:sailingday0111:20180210215531j:image
f:id:sailingday0111:20180210215526j:image
f:id:sailingday0111:20180210215555j:image
f:id:sailingday0111:20180210215655j:image
f:id:sailingday0111:20180210220331j:image
f:id:sailingday0111:20180210215753j:image
f:id:sailingday0111:20180210215800j:image
f:id:sailingday0111:20180210215839j:image

 

ミャンマー
f:id:sailingday0111:20180210215848j:image 
f:id:sailingday0111:20180210215929j:image
f:id:sailingday0111:20180210215957j:image
f:id:sailingday0111:20180210220013j:image
f:id:sailingday0111:20180210220022j:image


スペイン、サンティアゴ巡礼。
f:id:sailingday0111:20180210220140j:image
f:id:sailingday0111:20180210220250j:image
f:id:sailingday0111:20180210220719j:image

そこで出会った景色、食べ物、文化、そして何より人々に影響を受けてきた。色んな人種や考え方、価値観に触れてきた。それらのものに出くわす度に、驚いたり、戸惑ったり、イラついたり、笑ったりした。そして、他人と自分、外国と自国との違いを認識し尊重できるような人間になってきたと思う。

旅をする時は、基本的に1人でする。1人だと旅先で出会った人、出来事や景色にちゃんと向き合える。

グループで旅行すると、その向き合える度合がどうしても薄くなってしまう。だから、1人旅が好きだ。1人は気ままで自由だし。そうして出会ったものたちが自分の心にいろんな刺激、疑問や問いを投げ掛けてくれる。

それらに思いを巡らしていると、自分の肉体だけでなくまるで自分の精神も一緒に旅しているような感覚に陥る。

そして、それが凄く好きだ。

 



そこで、写真家・冒険家の石川直樹さん、だ。
f:id:sailingday0111:20180211135129j:image

彼の旅のスタイルや感受性に深く共感する。

たとえば、彼の著作「いま生きているという冒険」にこんな事が書かれている。

 

「観光旅行に行くことと旅に出ることは違います。観光旅行はガイドブックに紹介された場所や多くの人がなんども見聞きした場所を訪ねることです。そこには実際に見たり触れたりする喜びはあるかもしれませんが、あらかじめ知り得ていた情報を大きく逸脱することはありません。一方、旅に出るというのは、未知の場所に足を踏み入れることです。知っている範囲を超えて、勇気を持って新しい場所へ向かうことです。それは、肉体的、空間的な意味合いだけではなく、精神的な部分も含まれます。むしろ、精神的な意味あいのほうが強いといってもいいでしょう。」(P.252より)

 

「人を好きになることや新しい友だちを作ること、はじめて一人暮らしをしたり、会社を立ち上げたり、いつもと違う道を通って家に帰ることだって旅の一部だと思うのです。(中略)

多かれ少なかれ、世界中のすべての人は旅をしてきたといえるし、生きることはすなわちそういった冒険の連続ではないでしょうか。」(P.253)

 

旅に出る事は、単に肉体的な移動だけではなく、むしろ精神的な彷徨の方にこそ意味がある、と言っている。

 

 

 

そして、「旅をする」事は、必ずしもどこかに行く事ではない、同じ場所に留まっていても心は旅できる、と言ってるのが、Caravan。
f:id:sailingday0111:20180210211836j:image

旅と自由と孤独を愛する、さすらうシンガーだ。俺の一番好きなミュージシャン。彼はインタビューの中でこう話している。

 

「幼少期の経験も影響しているのか、基本的には移動がすごい好きで、旅が好きです。旅で何かをするっていうより、移動してることが好きですね。(中略)

でも、楽曲で伝えたいのは、“実際に旅をしよう”ってことではないんです。もちろん旅はいいものだから絶対に人生の栄養になると思います。だけど、“旅の感覚”みたいなものが大切だと思うんですよね。

日常も旅なんですよね。例えば、今こうしてお話しするのも一つの旅。
ひとつひとつ丁寧に敏感に暮らす感覚が大切だと思うから、“旅人目線で日常を生きる”というようなことを伝えられたらいいなと思います。(中略)

色々な場所で暮らしてきて、たくさんの人を見てきて思うのは、どこかに行くことが重要じゃないということ。

限られた場所にいて部屋から一歩もでなくても、気持ちをすごく遠くまで飛ばせる人もいると思う。逆に、世界中をバックパッカーでまわっていても何も見てないひともいるだろうし。そういう意味では、旅に出かけることが一番重要ではない気がします。」

 

インタビュー元記事はこちら→【インタビュー】旅をうたうミュージシャン/Caravan (2/5) | TABIZINE~人生に旅心を~

 

「日常も旅。」

俺もそう思う。例えば、家までの帰り道。いつもと違う道で帰ってみたら、美味しそうな中華料理屋やオシャレなカフェを見つけたり。休日に近所をゆっくり散歩したら、青々とした緑や色とりどりの花が咲いてるのを見て季節を感じたり。もしくは、毎日同じ仕事場で心深くまで潜って、ある人は陶器と、ある人は原稿用紙と、ある人は楽器と格闘して創作活動をしてそれが実を結んだり。要は、

「心のアンテナを張っているか?」

どうかだと思う。

好奇心さえ持ち続けられれば、日常生活も素晴らしい旅になり得る。

世界一周何度もやりました、何十ヶ国も旅しました!て人でもほんやりとしか物事を視たり感じたりしかしてない人もいるだろう。物理的には長い距離を移動してても、果たしてそれは本当に旅なんだろうか?

 

俺にとって旅とは?

いろんな人、文化、食べ物、景色を通して感じたり視えたものを咀嚼して、自分の内面・心を豊かにして拡げてくれるもの。そして、自分という人間をより魅力的にしてくれるもの、だと信じている。 

 

若いモンには、負けてられない!

こんにちは、ポンです!

 

先日、サンティアゴ巡礼で仲良くなった巡礼者と巡礼ぶりに会って、呑んできた。

 f:id:sailingday0111:20180203125039j:image

愛媛出身のクレイジーな大学生。



f:id:sailingday0111:20180209222306j:image 
f:id:sailingday0111:20180209222312j:image


f:id:sailingday0111:20180209222341j:image

 

巡礼中、野宿した時に野原から見つけてきたカンカンで自炊したら腹を壊して病院で点滴を受けたり、突然心が滾って50kmを12時間夜中の3時まで歩き通したり、日本に帰国した時の全財産が500円しかない(!)など、面白いエピソードには暇がない男。四国出身だけあって、サンティアゴ巡礼前に四国の八十八ヶ所巡礼をやった。羨ましい!俺も学生時代から、若い時から、もっと旅をしとけば良かった。

ジャック・ケルアックの小説「路上」(原題:on the road)に影響されて、アメリカのルート66をバックパックする、と彼は言っていた。と思ったら、それは一旦置いといて南米を旅するという。南米、羨ましい。俺は、チェ・ゲバラの「モーターサイクル・ダイアリー」をチェックしとけ、と言っといた。と言いつつ、俺も「モーターサイクル~」も「路上」もまだチェックしていない。

そんな彼の夢は、「雑誌を創ること」。旅やバックパックをする若者をサポートするような雑誌。彼が好きな「旅」のスタイルは、精神も旅する事。肉体だけでなく心も一緒に旅をする、というものだ。俺もこの感覚には本当に深く同意する。このテーマについては、もうちょっと語りたいので、またの機会に。ともかく、そんな哲学的な旅をしたい人を支援する雑誌を作りたいと言う。くぅ~、いいね!ギラギラしてる若者は。

次に会う時はヤツが南米の旅から帰ってきてからか。また会えるのを楽しみにしている。

 

こいつとは別に、また若い人に出会う機会があった。19才女子、プロサーファー。

彼女の名前でググると、新聞の記事とか写真が出てくる。スポンサーも付いてるらしい。東京オリンピック出場を目指している、と言っていた。彼女のサーフィンの腕前がどれ程なのか、おれには見当もつかない。そもそも、サーフィンはちっとも詳しくない。

でも、俺が感心したのは、彼女の人柄だった。ハキハキしてて礼儀正しく、しっかり挨拶できる人。「おはようございます。」、「いただきます。」、「ごちそうさまでした。」等、小学生でもできる基本的な事。でも実際、こんな当たり前の事すらできない大人がなんと多い事か。嘆かわしい。。そういう人たちを横目で見て反面教師にして。そして、彼女みたいな周りの人々を気持ちよく、笑顔にできる人をお手本にしようと思う。彼女は、俺より一回りも若い。でも、人間て年齢じゃないだろ?4、5才くらいの子供でも、自分にはできない事や尊敬できる点がある、と俺は考えてる。年齢なんて、ただの数字だ。

「夢てなんなの?」と彼女に聞いた。

「町おこしがしたいです。」と彼女は答えた。

聞けば、高校三年間、親元を離れて北海道の高校でサーフィンに明け暮れていた。朝3時に起きて海行ってサーフィンして、学校行って終わったら、また海行って日暮れまでサーフィン。夜9時に寝てまた朝3時に起きてサーフィンの練習。そんな彼女を、地元の人は本当に温かく迎えてくれた。だが、そこの町も他の田舎と同じく、過疎化が進んでいるという。だから、お世話になったその町の人々に恩返しする為に、プロサーファーである自分が町おこしの手伝いをしたい、とキラキラした目を輝かせながら彼女は言った。そこの町の人が、彼女を応援するという気持ちがわかった気がした。

 

そんな輝いている、自分のやりたい事に向かっている若い人たちを見て、刺激をもらった。という話。

『もう心を磨り減らさないで』

こんにちは、ポンです!

 

変な夢を見た。

 

電車に乗っていた。人が乗ってきた。知ってる人。もう会いたくもない人だ。金輪際絶対に。そんな俺にお構い無く、何か話しかけてくる。俺は仕方なく会話に応じるも、絶対に目を合わせぬように目を伏せている。話して満足したのかなんなのか、やがてその人は電車から降りていった。

そしたら、下半身に違和感を感じ始めた。見ると、見知らぬオヤジがズボンに手を入れ俺のチ○コを直に触ってる。キレた俺は、その変態オヤジをフルボッコにする。

 

そこで、夢から覚めた。二度寝しようにも、もうできなかった。支離滅裂すぎや!突っ込みどころ多すぎ(笑)俺の睡眠時間を返せ。。

 

 

ハチミツとクローバー」。昔、好きだった漫画だ。こんなエピソードがある。

夢に出てくる人、というのは自分が会いたい人、という訳ではない。実は、「会いたい」という相手の気持ちが相手の体から抜け出てきて、自分の夢の中に現れるというものだった。

読んだ当時は、ロマンチックだなと思った。そんな事があってもいいんじゃないかって。でも、今は違う。そう思わない。夢は所詮、ただの夢なのだ。

 

一 夢に出てくる人や出来事は、自分の潜在意識に眠っている想いや記憶が、元になって形づくられる。また、過去の記憶を整理する為に夢を見る。 一

 

と聞いた事がある。変態オヤジの事は置いといて(笑)電車に乗ってきたヤツの事は、もう克服したと自分では思っている。でも、夢にまだ出てくるという事は、まだ俺の潜在意識のどこかに存在しているのか?

 

 

 

ある人が、こんな事を言っていた。

 

「自分の事を大切に思っていない人の為に、もう心を磨り減らさないで。そんな事をしても意味ないから。もっと自分を大切にして。そうしないと、あなた自身を磨り減らしてしまうよ。」

 

正確には、言っていたのではなく記していた。昔に見たので細かい言い回しは覚えていないが、大体こんな内容だったと思う。

この言葉は、自分に向けられたものではない。俺がたまたま見つけたものだ。でも、なんだろう。自分に言ってくれた気がしてしまった。以来、たまにこの言葉を思い出しては自分を奮い立たせる。

人は、時に思いもよらないタイミングで、思いもよらないものに助けられる事があるのだ。

最近聴いている音楽

こんにちは、ポンです!

 

前回の投稿"いま生きているという冒険" - LIFE IS A TRIP! ~カナダワーホリ経由、サンティアゴ巡礼行き~石川直樹さんの事を今回も話すと言ったけど、気が変わった。今回は箸休め的な感じで、最近自分が聴いている音楽をば。

 

 


f:id:sailingday0111:20180125180450j:image

夜を使いはたして feat.PUNPEE / STUTS 名古屋ゴルエク6周年 20161105 - YouTube

夜遊びしないけど、クラブで夜遊びしたくなる。アガる。

 


f:id:sailingday0111:20180125180631j:imageEVISBEATSとPUNCH&MIGHTY / 夜風に吹かれて 【Official Music Video】 - YouTube

夜に散歩しながら聴いてチルしたい。

 


f:id:sailingday0111:20180125180735j:image

CHAI『N.E.O.』Official Music Video - YouTube

だんだん好きになり可愛く見えてくる、不思議な音楽性とビジュアル。

 


f:id:sailingday0111:20180125180913j:image

m-flo / been so long - YouTube

祝・m-flo復活。冬になると聴きたくなるこの曲。Lisaの声が切ない。

 


f:id:sailingday0111:20180125181029j:image

Nabowa "夢の欠片 feat. TOSHI-LOW" (Official Music Video) - YouTube

TOSHI-LOWの声ええな。ナボワのバイオリン、音色好き。

 



f:id:sailingday0111:20180205164215j:image

青葉市子 - サーカスナイト (LIVE) - YouTube

もし天使が実在したらこんな声なのかな。自分の頭上で鳴ってて降りてくるような透明感。個人的に、カバー曲が原曲を上回ったと初めて思ったケース。

 


f:id:sailingday0111:20180125182037j:image

あなたは煙草 私はシャボン /ラブリーサマーちゃん - YouTube

青葉市子、やくしまるえつこ、泉まくら、Predawnなどのウィスパーボイス好きへ。

 


f:id:sailingday0111:20180125182447j:image

鎮座DOPENESS 鎮座ドープネス @ CISCO 1 - YouTube

変態。

 


f:id:sailingday0111:20180125182740j:image

おなじ話 / ハンバートハンバート - YouTube

ほのぼの。こんな夫婦、いいね。

 

 
f:id:sailingday0111:20180125182957j:image

80KIDZ "Baby (feat. HAPPY)" (Official Music Video) - YouTube

キラキラ。

 


f:id:sailingday0111:20180125183211j:image

cutman-booche / Verse book - YouTube

ナイスヴァイブス。

 


f:id:sailingday0111:20180125183535j:image

8otto - 赤と黒 [Music Video] - YouTube

シンガロングしたいロックンロール。

ロックはこの曲だけか。痺れるロックミュージックをもっと聞きたいぜ。

 

 

 

じゃ、今回はここまで。

"いま生きているという冒険"

こんにちは、ポンです!

 

今回と次回、二回に分けて話したい事は、尊敬する写真家

石川直樹さん
f:id:sailingday0111:20180119141211j:image

写真家・冒険家。

世界七大陸最高峰登頂の最年少記録(当時)を達成、熱気球での太平洋横断の挑戦、ミクロネシアの伝統的な航海術による筏での冒険などを成し遂げてきた。

彼の事を初めて耳にしたのは、カナダのネルソンでだった。そこで仲良くなった日本人の山屋・スキーヤーの男の子から、お勧めしてもらった。なんでも彼は、この石川直樹さんの著書『いま生きているという冒険』
f:id:sailingday0111:20180119143835j:image

を読んで、北米最高峰のデナリ(マッキンリー6,196m)に登ろうと決心したらしい。

この本に掲載されているデナリでの写真がこちら。
f:id:sailingday0111:20180119144003j:image

見渡す限り、真っ白な稜線が続く。彼がこの本のどこに触発されてデナリ登頂を決めたかわからないが、こんな写真を見せられたらデナリに登りたくなる彼の気持ちもわかる。

 

石川直樹さんの成し遂げてきた功績にも敬意を払うのはもちろん、

俺が彼に惹かれるのは冒険家としてのその姿勢・感性だ。

以下、彼がエベレストに登頂した時の様子から抜粋。

単独で登山をしているときはもちろん、たとえチームで登っていたとしても、基本的には自分の身体をコントロールしているのは自分です。次に踏み出す足の置き方を間違えたら、危険にさらされてしまうような場所がいくつも出てきますが、ぼくはそういう所にいるときになぜか心の底から幸せを感じるのです。「何だかすごい場所にいる。」という気持ちが湧き上がってきて、自分が"生きている"と感じるのです。その瞬間、嬉しくなり、気持ちよくなります。

 

下手すると、ヤバい奴のようにも聞こえるかもしれないけど(笑)彼の言ってる事が少しわかる。何故なら、俺にも似たような経験があるから。(規模は比べようもないほどちゃっちいけど。)

それは、数年前に南アルプスに登りに行った時の事だ。甲斐駒ヶ岳という3,000m弱の山を一人で登っていた。そうしたら、もう少しで頂上という地点で、道が2つに別れていた。1つは直登ルート、もう1つは巻き道ルート。直登は距離が短いが、最短コースでいく為に急傾斜で所々にプチ・ロッククライミングのような難しい箇所がある。巻き道は、遠回りだが傾斜はきつくなく難所も少ない安全ルートだ。途中で出会った登山者のオッサンに

「どっち行ったらいいっすかねー?」

て聞いたら、

「直登でしょ。お兄さんは若いから大丈夫。俺も若い頃はそっちから登ったし。」

と教えてくれた。なので、俺は直登ルートを選んだ。始めは大した事はなかった。足取りは順調。しかし、先に進んでゆくと道はどんどん険しくなり、ついには大きな岩が行く手を阻んだ。

f:id:sailingday0111:20180119151929j:image

俺は「ここを登るんか。。」と躊躇した。が、おじさんもああ言ってたし、歩を進めて大っきな岩に取りついた。まるで巨大な岩のジャングルジムだな、と思いながら岩をよじ登る。が、岩場の中間くらいで詰まってしまった。登ろうとも、自分の上にある次の岩のとっかかりまで手が届かない。かといって下る事もできない。下にある岩のステップまで足が届かないのだ。下の足場まで2~3mといったところか。つまり、立ち往生。前進も後退もできない。「これはまずいぞ。。。」と思った。ずっとそうしている訳にもいかない。自分の体重を支えてる腕と足が限界を迎え、やがて滑落するだろう。思い切って、下の足場まで飛び降りようか?でも、7~8kgはあるザックを背負いながら上手く着地できるだろうか?足の捻挫で済めばいいが、バランスを崩して頭を打ったりでもしたら最悪死ぬこともあり得る。

どのくらいの時間がたったろうか。実際は30秒や1分そこらだったかもしれないが、俺にはとても長い停滞に感じられた。そして、意を決して上に登る事に決めた。腕を目一杯伸ばした。その手は、岩のとっかかりを捕らえた。なんとか危機を脱したのだ。

そうして、甲斐駒ヶ岳の頂上に立てた。しかし、俺はひどく疲れていた。肉体的にも精神的にも。その時に実感したのは、人間は窮地に立たされるととてつもない集中力を発揮する。火事場の馬鹿力、てやつだ。が、その後の反動でひどく疲れてしまう。まるで、幽白の飛影が黒龍波を喰った後に冬眠に入るように。(違うか笑)

そして、岩場でもがいてみじめに張り付いている時、自分が生きているという事を強く実感した。落ちたら、死ぬかもしれない。でも、死にたくない。生きたいと強く思った。

日常生活の中で、死を意識する瞬間など皆無だ。だから、人は死ぬ事に無自覚だ。それはいま自分が生きてる事にも無自覚、という事と同じなのかもしれない。いま生きている、という当たり前のようで実はとても大切な事を。がある瞬間に死を覚悟した時に、それは突如として死が生々しいものになる。そして、死にたくない、生きたいと願う。そこで、意識するのだ。「いま、自分は生きている」と。

 

以上の経験から、石川直樹さんが言った事が理解できる。

 

また、この本のタイトルもいい。"いま生きているという冒険"。過去でもなく、未来でもなく、いまこの瞬間、を生きる。というような想いを、俺はこのタイトルから感じた。

 

今回はここまで。次回に続く。

"slow flow"

こんにちは、ポンです!

 

今日は、自分の一番好きなミュージシャン・Caravanの話。


f:id:sailingday0111:20180108180133j:image

 

「歪んだ世界もトビ方次第だよ

さあもう一度その右手に気分屋のピースサイン

地平線の向こう 静かに昇りゆくのはそう

潤んだ瞳に映し出す太陽

さあもう一度闇を照らせ 気分はもういいかい?

地平線の向こう それでも行けると信じよう.....slow flow」

 

Caravan / slow flow

https://youtu.be/efsAxHlsdSg

 

むかしむかーし、付き合っていた彼女が、この曲を好きだと言っていた。当時の俺はこの曲の良さがわからず、「あ、そうなんだ。。」みたいな感じだった。彼女がこの曲のどこに惹かれたのか、今では知る由もない。

でも、今では俺はこの曲が大好きだ。サンティアゴ巡礼中、一番聴いていた曲。「Away, away, away, away, so far way」という部分を繰り返し聴いていると、歩く事だけに集中できるような気がした。もっと遠くへ、と。

 

好みは年を重ねると変わる、不思議なものだ。Caravanは10年以上前から好きだったが、一時期飽きて全く聞かなくなった。それが、2、3年前からまた聞くようになった。長年働いてたCD屋を辞めてから年々音楽への興味は薄れていったが、今では一番好きで自分がファンと言えるのは全ミュージシャンの中でCaravanだけだ。それは、旅やバックパックに出るようになったのが原因だ。旅をするようになって、初めて彼が歌っていたフィーリングや心情が理解できた。そして、それに深く共感し憧れた。

好みは変わる。例えば、好きな音楽、食べ物、趣味、服、AV女優(笑)などなど。変化する、ということは生きている、て事なのかなぁ。

 

「歪んだ世界もトビ方次第だよ」

 

何事も自分の気の持ちようで、天国にも地獄にもなる。