LIFE IS A TRIP! ~カナダワーホリ経由、サンティアゴ巡礼行き~

2017年秋、スペイン・サンティアゴ巡礼900km完歩!動画は→https://youtu.be/luRrk8gVzeg NZワーホリ、ネパール・ミャンマーの旅、カナダワーホリ、からのサンティアゴ巡礼。ハイキング、音楽やサブカル、そして穏やかでイキイキしてる人が大好き。

聾唖のヒッピーとサンティアゴ巡礼を一緒に歩いた話

こんにちは、ポンです!

 

聾唖のドイツ人ヒッピーに出会い、一緒に巡礼路を歩いた。 


f:id:sailingday0111:20180408185936j:image
f:id:sailingday0111:20180408185947j:image

 

聾唖(ろうあ)とは・・・高度の難聴で,日常生活に重大な支障をきたすようなもの (通常会話域の平均聴力損失が 90dB以上) を「聾」といい,それが原因で話す能力を失った場合を「唖」という。

要は、聞く事も話す事も難しい人の事を聾唖という。(これで合ってる、はず。)

 

出会いは、スピリチュアルなアルベルゲでだった。俺は、彼に話しかけた。しかし、返事が返ってこない。ほどなくして、彼が話せない事に気づいた。

聾唖者が巡礼をしている。その理由や巡礼をやろうと思ったきっかけに、俄然興味が湧いた。野次馬根性じゃなく、純粋に知りたいと思った。俺は筆談で彼とコミュニケーションを試みた。筆談してて気づいたのは、筆談はとても手間がかかるし、時間がかかる。英語で筆談したのでお互い語彙力に限りがあるが、それなりに「話した」。15分だか、30分が経った。すると、彼がこう言ってきた。

 

「一緒に歩かないか?」

 

正直、俺は戸惑った。基本的に、俺は1人が好きだ。ハイキングや旅をしてる時は特にそうだ。更に、俺は障害者とプライベートで付き合ったことがない。不安がなかったと言えば嘘だ。でも、こう考えた。

 

「耳が不自由な人と行動を共にできる。更に、遠くスペインの地で巡礼を一緒に歩くなんて、一生に一度の貴重な経験になるんじゃないか。これも神様か何かのお導き。彼が歩こうと言ってくれたのも、俺に心を開いてくれたからだろう。何より、おもしろそうだ。」

 

こうして、俺は彼の提案をありがたく受け入れ、一緒に歩くことにした。

 

 
 

コミュ力の高さにびっくりした。

巡礼中は色んな国の人々と出会い、話す機会はたくさんある。言葉を喋れない彼がどのように、初対面の人と「話す」のか観察した。 

ヤツは初対面の人と出会った時、まず最初に手話で話す。相手に伝わらなくてもだ。そうすると、やがて相手は彼が話せない事に気付く。彼のジェスチャーは、力強く相手を惹き付ける。まるで、エンターテイメントのようだ。そして、それで大体コミュニケーションが取れてしまう。不思議。

そうして仲良くなってくると、お互い自己紹介する流れになる。ヤツは、自分の出身国を、敬礼と行進するジェスチャーで表した。すると、皆すぐに理解した。

「ああ、ドイツね!」

と。なるほど、ナチスという訳か。彼の表現力に感心した。自分だったら、「日本出身」をジェスチャーでどう表現するだろうか?サムライか。それとも寿司か。刀とチョンマゲとハラキリで、やっぱりサムライかね。

 

そんなこんなで、相手とすぐ仲良くなったヤツ。そのパフォーマンスの様なボディーランゲージで、みんなが自然に彼のことを受け入れていく。彼を中心に、場は回っていく。皆、笑顔だ。そのコミュ力の高さは衝撃だった。凄いな、敵わないな。と、心底憧れた。

更に、ヤツは本物のヒッピーの様だった。星空がキレイだからと、わざわざ草むらで寝袋にくるまいながら星を眺め寝るような奴だ。アルベルゲに宿泊してるのに。

 

ヤツと一緒に歩いたのは、結局その半日だけだった。やっぱり俺は、1人で歩く方が性に合ってたようだ。ただ、ヤツと別れた後、このカミーノの道の上で何度も再会した。そして、その度に握手や抱擁を交わしたのだった。

 

彼と歩いていくつか得たものがあった。

1.  ハンデを乗り越え己を表現する障害者

盲目のピアニストというのをテレビで見かけたことがある。目が見えないけど、残された感覚をフル稼働、むしろ眠っていた潜在能力を開花させて素晴らしいピアニストになった、みたいな話だったとおもう。

ドイツ人ヒッピーは耳が聞こえないし、喋れない。 だが、残りの五感や己の体を駆使して、自分という人間を最大限表現し他者とコミュニケーションしていた。

 

2. 自分が障害者になったら?

乗り越えられるだろうか?

もし、五感のうち一つだけ残せるとしたらどれを選ぶ?視覚?いや、聴覚か?

障害者になったら、人とコミュニケーションできるのか?

聾唖の人て、どんな感じでセックスするんだろ?

色んな事に思いが巡る。こんな事、ヤツに出会わなければ考えもしなかったろう。

 

3. 今、その瞬間を生きる。

巡礼中、ヤツと再会すると俺は尋ねた。

「今日はどこまで歩くんだ?」 

彼は人差し指の先を口に含み、それを宙に掲げる。

「気の向くままに。」

という事だ。俺が尋ねる度にヤツはこの仕草で応えた。俺は聞くことを止めた。そうだな、先の事なんてわからない。気分なんて、その時々でコロコロ変わる。明日は明日の風が吹く

無心に歩いて、人と出会い語らい、飯を食い、歩き疲れたら、そこでその日の巡礼は終了。シンプル。自分の気の向くままに。自分の感受性を大事に。己の内から聞こえてくる心の声に、耳を傾けよう。

 

 

 

彼と出会い話し歩いた事は、俺にとって本当に貴重な経験だった。

 

サンティアゴ巡礼で、聾唖×ヒッピー×一番ハッピーなヤツと一緒に歩いた話。

「調子はどうだい友よ?」

こんにちは、ポンです!

 

Caravanのライブ@三島に行ってきた。

 
f:id:sailingday0111:20180319145107j:image

f:id:sailingday0111:20180319145116j:image

  
f:id:sailingday0111:20180319145124j:image

 
f:id:sailingday0111:20180319145154j:image


f:id:sailingday0111:20180319145220j:image
 

 
f:id:sailingday0111:20180319145230j:image

 

アットホームでこじんまりとした最高のパーティーだった。

三島にある雰囲気よい酒屋兼カフェ。ステージは、緑やキャンドルで飾られてお洒落。観客100人程度なので距離が近い、手を伸ばせば触れそうなほど。屋外だから、夜風を受けながら開放感ある。今夜は、キャラバン1人のアコースティックセット。

 

ライブは演者と観客、両者が共にいい雰囲気、ヴァイブスを作りあげていくものだ。

観客が自分はお客さんだからといって、受け身になるばかりではつまらない。ミュージシャンにエネルギーを与えられるような、むしろ凌駕するくらいのテンションでいると、良い化学反応が起こる気がする。

それを心がけて、この日は俺はいいテンションで臨めたと思う。曲と曲の合間で、「フー↑」と掛け声したり、少しCaravanをいじるようなこともしてみたり(笑)それにCaravanも応えてくれたから嬉しかった。観客の好きな曲を一曲演奏してくれるリクエストコーナーでは、俺はいの一番に声を挙げ無事に採用され「サンティアゴの道」をやってくれた。

そして、曲と曲の合間に彼がギターのチューニングをしている時に、俺は大きな声を掛けた。

「Caravan、調子はどう!?」

彼は笑いながら応えた。

「調子はいいよ。」

そして、この曲を演奏し始めてくれた。

 


TRIPPIN' LIFE caravan&光風 chitchat12th 2016.4.24

 

 「調子はどうだい友よ。愛すべきロクデナシよ。」

の一節で始まる。まるで、ツレとの久しぶりの再会を祝すような懐かしさと温かさ。リリースしてから10年以上経っても、皆が笑顔で歌える曲があるなんてミュージシャン冥利に尽きるだろうな。

 

どのミュージシャンにも、ライブアンセムがあると思う。ライブで観客みんながシンガロングするような曲が。 

アジカンなら、リライト。

Oasisなら、Don't look back in anger。

Dragon Ashなら、Fantasia。

 

Caravanのアンセムの1つは、このTRIPPIN' LIFEだ。

 

ライブ終了後、彼に一言お礼を言いたくて傍に駆け寄った。彼の曲「サンティアゴの道」に背中を押されて、実際に俺は去年サンティアゴ巡礼をやった。人生最高のハイキングだったのだ。その感謝の気持ちを伝える為に、「Caravanのおかけでサンティアゴ巡礼行ってきたよ。ありがとう。」と言った。彼は応じてくれ、握手もできた。サインと写真はゲットできなかったけど(笑)ま、それは次の機会に。

こういう距離感の近さは、小さい会場ならではだな。野音や川崎CLUB CITTAなんかの大きなハコでバンドセットのライブもいいし、小さなハコには小さなハコの魅力がある。

 

いいライブとは?

 

その最中に100%心の底から楽しめてるかだと思う。そうではない時、ノリ切れない時は雑念が心に浮かぶ。「今、何時かな?」や「飯、何食おうかな?」など。でも、今日はそんな事は一切なかった。

素晴らしい夜だった。

 

ありがとう、Caravan!!!

美しい猫よ、安らかに。

f:id:sailingday0111:20180316211749j:image
 

A beautiful cat died.

 

I got an email from my housemate who I lived with in Nelson, Canada. She let me know like,

"Our cat died. He loved you."


f:id:sailingday0111:20180316211813j:image
f:id:sailingday0111:20180316211820j:image

 

 

 

The cat had been kept by the housemates and he was so old. 19 year old-boy, which means over 90 years old in human age. 

 
f:id:sailingday0111:20180316211858j:image

 

I love him. He was mellow, friendly and peaceful. He followed me every time I walked no matter where I went.

 
f:id:sailingday0111:20180316211940j:image

I still remember. When I'm at home at night after the housemates sleep, he comes and jumps on my knee as soon as I sit a couch. It's his favourite spot. He relaxes right here. I do too.

I like his blue and stunning eyes.
f:id:sailingday0111:20180316214730j:image

I like staring at them, which makes me be deep in thoughts. We chill out together. 

 
f:id:sailingday0111:20180318065428j:image

 

I loved the relaxing and quiet time with him. He gave me a taste for cats.

 

Thank you so much, the beautiful old boy. RIP.


f:id:sailingday0111:20180318065646j:image

 

 

 

 

 

美しい猫が死んだ。

 

ネルソンでお世話になったハウスメイトからメールがきた。彼らが飼っていた愛猫が死んだ、という知らせだった。19才と長寿だった。人間でいえば90才以上の長生き。

 

人懐っこく、ゆったりまったりとした、にゃんこだった。俺が家の中を移動すると、トコトコ俺の後をついてくる。ベッドで一緒に寝たこともあった。

 

夜、ハウスメイト達が寝静まった後、俺は1人でソファーに座る。とすぐに、その猫が近づいてきて俺の膝の上に飛び乗る。彼のお気に入りの場所だ。俺は、彼のつやつやした毛を手でゆっくり撫でる。そして、彼の目を覗きこむ。じーっと見つめる。綺麗な青い目。それを見てると、心が落ち着く。

ぬことの静かな夜の時間が、たまらなく好きだった。

 

彼のおかげで、猫を好きになった。それまでは犬派だったけど、今は犬猫両方とも大好きだ。そんな、猫を好きになるきっかけをくれたにゃんこに感謝。

 

ありがとうね。 

ネルソンの友達と箱根観光!

こんにちは、ポンです!

 

f:id:sailingday0111:20180313172558j:image
カナダのネルソンで仲良くなった友達が日本に旅行しに来てくれているので、合流して一緒に箱根観光!

 
f:id:sailingday0111:20180313173106j:image

大涌谷。噴気がモクモク。ジオパークミュージアム(地学の事を展示、学べる場所)がある。大学時代に火山を専攻していたのでゆっくり見てまわりたかったが、彼女が退屈すると思ったので、またの機会に。

f:id:sailingday0111:20180313173140j:image
大涌谷からの富士山

 
f:id:sailingday0111:20180313173201j:image
箱根旧街道


f:id:sailingday0111:20180313173241j:image

旧街道の石畳を歩く。 


f:id:sailingday0111:20180313173556j:image

甘酒茶屋。趣があって、とてもよろしい。いとをかし。


f:id:sailingday0111:20180313173729j:image

今の当主で13代目、約400年にわたり営業している。

f:id:sailingday0111:20180313173814j:image
内装も伝統的でよい雰囲気。

 
f:id:sailingday0111:20180313173804j:image

いろり。人生初体験。 


f:id:sailingday0111:20180313173827j:image
メニュー。しそジュース旨かった。

 
f:id:sailingday0111:20180313173840j:image
甘酒と黒ごまきな粉もち。甘酒は、米と麹だけ使用で砂糖や人口添加物はなし、自然な甘酒。甘酒あんま好きくないけど、これはとても美味しかった。


f:id:sailingday0111:20180313173911j:image

彼女が宿泊してるホステルにお邪魔して、俺の同僚も交えて語らう。 


f:id:sailingday0111:20180313173925j:image
そのホステルが、雰囲気めちゃよかった。


f:id:sailingday0111:20180313174052j:image

おしゃれ。 

 
f:id:sailingday0111:20180313174109j:image

落ち着く。 

 
f:id:sailingday0111:20180313174119j:image
シーザーサラダ。飯、めちゃ旨くてびっくりした。

 
f:id:sailingday0111:20180313174152j:image

スモークサーモンとアボカドのピザ。生地から作ってて、正直バッパーレベル飯を超えて、フツーに街のお店として勝負できる美味しさ。衝撃。

 

 

 

海外で知り合った人と、また別の場所で再会したり、ましてや自分の国に遊びに来てくれるのはとても嬉しい。出会いに感謝っすわ。

 

彼女と再会した時もバイバイした時も、抱擁を交わした。日本ではハグする事てほとんどないけど、西洋ではそういうスキンシップは割と普通な感じ。日本でももっと一般的になればいいのに。女の子のおっ○いが当たって、グヘヘ(^q^)。。。なんて、1㎜も思ってないから。思ってないかんね!

ハグでも握手でもバイバイでも何でもいい。再会を祝し別れを惜しむ為に抱擁を交わせるような、心から大切だと思える人にこれから何人出会えるのだろう?

You are what you eat

こんにちは、ポンです!

 

※今回も飯テロ注意。

タイトルのYou are what you eatとは、「あなたが食べる物が、あなたを形づくる。」って感じの意味。これに、とても共感する。ファーストフードやコンビニ弁当みたいなジャンクフードばかり食べてると、健康に良くないばかりか精神衛生的にも良くない気がする。美味しい手作りの飯を食うと、テンション上がって精神的にもプラスだと思う。

 

という訳で、最近食べた旨かった飯の写真をUPする。


f:id:sailingday0111:20180306000016j:image

ベジタリアンディナー@サンティアゴ巡礼でのアルベルゲ。ベジだけだったけど、とても旨かった。ベジやビーガンメニュー対応のアルベルゲや店も、ちょいちょいある。そういうところは、日本より欧米の方がだいぶ進んでる。俺は、肉、魚、野菜、きのこ、何でも好きだから、あんま関係無いけど。

f:id:sailingday0111:20180305235908j:image
鳥ぎんの釜飯。山菜からいいダシ出てる。


f:id:sailingday0111:20180306000211j:image

有機栽培の野菜@茅ヶ崎。黄色いのは人参、ピンクのは大根、と珍しい野菜入ってた。

 
f:id:sailingday0111:20180306000352j:image

中華定食@箱根。手打ち麺と、鶏、豚、鰹節、野菜からダシをとってるスープが優しくまろやかでとても美味。昔ながらの醤油ラーメンで、久しぶりにスープまで完食したラーメンだった。

 
f:id:sailingday0111:20180306000649j:image

鹿丼@修善寺。鹿肉は、臭みない。野菜もあるのが、嬉しい。


f:id:sailingday0111:20180306000839j:image

ギガかき揚げ丼@沼津港。旨かったけど、胃がもたれまくった。。何とか完食したけど、半日は胃の具合が悪かった(笑)

 
f:id:sailingday0111:20180306001006j:image

ランチ@三島。左手前にあるさつまいものスープが、びっくりする程に旨かった。聞けば、三島は美味しい野菜の産地という。納得。 


f:id:sailingday0111:20180306001144j:image

同じ場所での鶏ネギドリア。これもめちゃ旨かった。


f:id:sailingday0111:20180306001238j:image

職場の従食。小鉢などの品数が多いのが、嬉しい。

 

 

 

この↓の記事は、野菜生産者のインタビュー。「野菜の価値を見直す、野菜もご馳走に成り得る。」という内容の話。You  are what you eatは、この記事で目にしていい表現だなて思った。

野菜をはかるモノサシをアップデートしたら、野菜がもっとしあわせになるかもしれない。|暮らしかた冒険家|note 

俺は、野菜が好きだ。毎食、何かしらの野菜を摂るように心がけてる。野菜が美味しい食事や土地は、信用できる。野菜が好きではなかった自分の幼い頃では、考えられない話だ。 

 

 

 

You are what you eat

何を食べるかは、とても大事だ。君が口にしたものが、そのまま君を作る。

「主食はグミです♥️」

こんにちは、ポンです!

 

食にまつわる話をいくつか。

食べ物の好き嫌いが合うかどうか、って大事だなと思った出来事。

 

 

 

それは、昔の話。いいな、と思ったかわいらしい女の子がいた。アプローチをかけていた俺は、その子に好きな食べ物を聞いた。彼女はこう答えた。

 

女の子「グミが好きです。」

俺「え?」

女の子「グミが主食です。グミをおかずにご飯を食べる時もあります♥️」
俺「。。。。。。」

 

俺は、絶句した。突っ込みどころがあり過ぎて、何も言えなかった。グミ、主食って。。

でも、つい最近気づいた。彼女は、本当はグミが好きだった訳じゃなかったんじゃないかと。俺からいずれ誘われるであろうデートの誘いを断る為に、予防線を張っていたんじゃなかろうかと。グミが主食とヘンテコなことを言えば、飯でも食いに行こうなんて誘うことはないと彼女は考えた、と。てか、絶対そうに決まってる。グミが主食なんて、クレイジーやろ!

 

 

 

はたまた別の話。カナダはネルソンで、仲良くなった日本人の友達がいた。みんな、個性的、ユニークで興味深いやつらだった。車で遠出したその日の夜、みんなで飯を作ることになった。そのうちの1人は、ビーガンだった。

(ビーガン・・・動物由来の物を食べない人たち。肉、魚はもちろん、乳製品なども口にしない。欧米では、市民権を得てる。ビーガンメニューとかあるし。)

肉と魚は無し、野菜だけでパスタを作る。少し物足りなさを感じつつも、まあいいかと納得した。そして、俺は味の素を持ってきていた事を思いだした。

 

俺「あ、味の素あるけどパスタに入れる?」

皆「え?それは、ちょっと。。。」

 

俺は察した。なるほど、体にあまり良くないとされる化学調味料の類いは使わない人たちなのかと。俺は、そういう事は大して気にならないので、飯が旨くなるなら味の素やら鶏ガラの素など入っていっても全く問題ない。そういう人たちがいるんだと、勉強になった。ちなみに、野菜だけのパスタはめちゃくちゃ旨かった。ビーガンの友達が、料理人だったからだ。野菜やキノコを料理に入れると、いいダシが出ることをこの時に学んだ。あとは、乳化、乳化♪

(余談として。スープも作ったんだけど、それに友達が大麻の醤油漬け?みたいなもんを大量に投入した。恐る恐る飲んでみた味は。。よくわからなかった。だが、大麻が入ってると考えると、だんだん気持ちが悪くなった。俺は、スープを大量に残した。俺以外のみんな、大麻喫煙者だ。友達がスープに大麻を入れようとしてるのを見て、「やめてくれ!」と言ったけど、それを無視しやがった。こっちは、ビーガンやら味の素やら我慢したのに、不公平だ笑)

 

 

 

話はだいぶ変わるが、

乃木坂の生駒ちゃんかわいい(´・∀・)
f:id:sailingday0111:20180301171207j:image

 

生駒ちゃん、本当に美味しそうに飯を食べるよなぁ。
f:id:sailingday0111:20180301171829j:image
f:id:sailingday0111:20180301171843j:image


乃木坂46 生駒ちゃんが食べるだけの動画 part2 【生駒里奈】

かわええなぁ(;´д`)

 

食べ物を、いっぱい、美味しそうに食べる人は、なんか見てるこっちもハッピーになるわ。

 

食の好みが合えば、一緒に飯食ってても楽しいだろうね。例え合わなくても、生駒ちゃんみたいに旨そうに飯食う人なら、楽しいだろうな。でも、食の好みが会わないと、大変だね。相手がビーガンとかなら、それだけ食べ物の選択肢が減ってしまう。

 

 

 

 

本日のまとめ

 

世の中の女子たちよ。変な男に言い寄られて迷惑してるならこう言ってやれ。

 

「主食はグミです♥️」

 

旨い飯を食えれば、ハッピー!

こんにちは、ポンです!

 

※今回は、飯テロ注意!な内容。

食べる事が好きだ。1日3食旨い飯を食えれば、だいたいハッピー!

 

今まで行った国で旨かった飯の写真をば。

 

ネパール料理
f:id:sailingday0111:20180217205323j:image

1番好きなモモ!見た目も味も餃子に似てる。違いは、醤油じゃなくてつけダレで食べるのと、その安さ。10個で100円~150円!しかも、どこのレストランで食べてもハズレなし。元々は、チベット料理だったらしい。モモ、また食いたい。。。

 

f:id:sailingday0111:20180217205544j:image

小籠包スタイルのモモ。餃子スタイルか小籠包スタイルか、中身の餡が鳥か豚かベジ(野菜)か、味付けやタレも変わるので、レストランの数だけそのスタイルや味も違う感じがする。ネパール料理の懐の深さを感じた。

 

f:id:sailingday0111:20180217205333j:image
チャーハン。これも100円とか。海外旅行中に米を食えるだけでも嬉しいのに、それが美味しいとくるから、本当に本当にネパール好き。


f:id:sailingday0111:20180217205417j:image
サモサ、などのインド風料理。ネパールは、モモやチャーハンなどの中華とサモサやラッシーなどのインド、両方のスタイルを味わえる。

 
f:id:sailingday0111:20180217205426j:image
トゥクパ。塩ベースなあっさりした味付けの麺料理。旅行中に不足しがちな野菜をがっつり食べれるのがとても嬉しい。

 
f:id:sailingday0111:20180217205508j:image
ダルバート。ネパールの伝統的な定食。ダルとは、ネパール語で「豆」。写真右側のスープは、豆のスープ。ご飯と野菜やカレーの付け合わせと豆スープがついた定食。米とスープはおかわり自由な事が多くお腹一杯になる。だから、エベレスト街道トレッキングの時は、毎日朝も夜もこれを食べてた。お金の節約にもなるし。したら、ネパールの地元民から、「朝もダルバート食べるのか!?」と驚かれた。

 
f:id:sailingday0111:20180217205624j:image
揚げ春巻き。

 

ミャンマー料理
f:id:sailingday0111:20180217211905j:image

ミャンマーの飯で印象的なのは、活気あふれる露天。ナイトマーケットや出店をどこの街でも見かけた。祭りみたいで、テンションあがる!夜遅くても、家族や友人と食べに行くようだ。日本も、こういうのもっとあればいいのにな。羨ましい。


f:id:sailingday0111:20180217205706j:image 

肉、魚、野菜などの串を油で揚げて、つけダレで食べる。

 
f:id:sailingday0111:20180217205711j:image
野菜てんこ盛り!な屋台での定食。

 
f:id:sailingday0111:20180217205743j:image
油麺みたいなの。これで60円!ネパールといいミャンマーといい、美味しい麺料理に出会えると、やっぱり同じアジアだなぁと親近感を覚える。

 

スペイン料理
f:id:sailingday0111:20180217205452j:image

スペイン旅行中1番旨かったトルティーヤ!スペイン風のオムレツ。プレーンなのは、卵、じゃがいも、玉ねぎとシンプルな具材でも物凄く美味しいのに、写真のこれは野菜やカニかま?っぽいのも入っていて、豪華でクリーミーな味。トルティーヤ好き過ぎて、バル(スペイン語でバーのこと)に入る度に食べていた。実は、スペイン人が考える代表的なスペイン料理といえば、パエリヤではなくこのトルティーヤ

 
f:id:sailingday0111:20180217205834j:image
タパス。バルにはだいたいある、肉、魚介類、野菜、チーズ等を使った一口料理。ビールとの相性は抜群!盛り付けきれい。

 
f:id:sailingday0111:20180217205850j:image
バルサミコ酢をかけたサラダ。バルサミコ酢という日本ではあまり馴染みないものをドレッシングに使っているが、その絶妙な酸味と旨味が野菜の味を引き立ててる。

  
f:id:sailingday0111:20180217205903j:image
魚介のダシがたっぷり染みてたパエリヤ!スペイン料理といえば、パエリヤ。と考えるのは日本人や東アジア人だけのようだ。実際には、スペイン国内ではお米が取れるバレンシア地方でしか食べれない。東アジア人が多いサンティアゴ巡礼路では、観光客向けのレストランで食べれる。しかし、地元客が集まるレストランでは、あまり食べれない事が多い。

  

 

 

以上、美味しかった海外飯。唐突だけど、ここで食べ物の好き嫌いを思い付くままに書いてく。

 

好きなもの

いなり寿司、そば、チャーハン、ラーメン、麻婆豆腐、鶏肉とカシューナッツ炒め、パッタイ、タイカレー、ガパオライス、フォー、バインセヨ、ブリトー、鯖の味噌煮、鰤の照り焼き、鰆の西京焼き、たくわん、豚汁、なす、レタス、(火の通った)たまねぎ、カレーライス、舞茸、椎茸、卵かけご飯、お好み焼き。

 

嫌いな食べ物

納豆、生のたまねぎとネギ、梅干し、パクチー

 

でも、何だかんだで、

一番好きな食べ物は、鶏の唐揚げwith白飯!

 

 

 

最初にも言ったけど、3食美味しいご飯を頂ければ、幸せ。食べ物を食べて幸せを感じれるのは、いい事だと思う。

だって、人は生きてるうちに何回ご飯を食うと思う?

単純に計算して、1日3食×365日×80年=

87,600回!

今、俺は33才であと4~50年生きるとして、

50,000回くらいは飯を食う計算になる。

毎回毎回旨い飯を食って幸せならば、それだけで得してるというか充実した人生になると思う。だから、

1日3食ちゃんとした食事をするのは、大切だ。